サンスマイル歯科
サンスマイル歯科電話番号
サンスマイル歯科ロゴ
TELボタン

⼝腔外科

⻭以外の気になることはまずはこちらから考えていきましょう

⼝腔外科では、⼀般的にあごの骨折や腫瘍を取ったりと⼤きなことを想像されると思います。

実際は、むし⻭などを治療する⼀般⻭科以外のあごの骨、⼝の中の病気、唾液線やその周りの 病気、⾷事や話しをするための⼝の機能障害など、さまざまな治療を⾏っています。

親知らずの抜⻭、保存が難しい⻭の抜⻭、⾃分の⻭を使⽤した⻭の移植

親知らずなどの余っている⻭などがある場合のみ可能です。

顎関節症の治療

⽇頃から⼝が開けにくいと⾔った症状であったり、顎を開けるときに⾳がなる、もしくは⾳ がなっていたことはありませんか?

その場合考えられるのは、顎の関節に何かあったのかもしれません。 顎の関節は⼈体の中でも特殊で、左右が対になってく関節です。

その為、顎関節症の症状も分類も様々に分かれています。原因も関節だけを考えるのではなく て、全体のかみ合わせを考える必要もあります。

治療法はまずは関節、お⼝の中の咬み合わせ、⽣活習慣、治療歴を調べていきます。 その上でどうしていけばいいのか?どう治療をしていくのが、どう向き合っていくかを考えて いきましょう。

インプラント治療

⾍⻭や⻭周病などで⻭を失ったり⼊れ⻭を使うが思うように噛めない事に悩んでいませんか?

インプラント治療は無くなってしまった⻭根を⼈⼯の⻭根によって、強固に固定された⻭を作 ることでしっかり噛める事を目指す治療法です。

「⼊れ⻭」や「ブリッジ」など従来の治療に⽐べ、最も天然⻭に近い構造になっており、⾃分 の⻭のように噛むことができます。

それにより、⼊れ⻭では味わえない⻭ごたえのあるものが⾷べることができ、また残っている ⻭で無理に噛むことが無くなり、⾃分の⻭も⻑持ちします。

⼊れ⻭のように取り外しをする⾯倒がなく、⾒映えのする⼝元がもどって、気持ちよく笑顔を つくれます。

全ての状態で⻭が無くなってしまった時にできるわけではありませんが、現在⻭がなくなった 場合の最上のオプションとなっています。

⾆や頬の内側などの粘膜疾患、⼝内炎 に対しての診断

⻭以外でも軟組織(唇や頬、⾆)での病変も⼝腔外科の分野となります。 ⾆が乾いてしまってヒリヒリする、頬の内側にできものができてしまった、最近⻭茎に⽩いで きものができてきた、そういった軟組織に起きた病変に対して診断し対応をする必要があります。

また、⼝内炎とは、⽂字どおり⼝腔内の粘膜に起こる炎症で、多くは頬の内側、⾆、⻭ぐきな どにでき、⼩さな⽩い円形のものから⾚く腫れて潰瘍を引き起こすものがあります。⾷べ物や 飲み物がしみる、⻭磨きのとき⻭ブラシが当たると痛む、会話しづらくなるなど、不快な症状 を体験した⼈は少なくないでしょう。

たまにできるくらいであれば⼤きな問題でもありませんが、何度も同じところにできる場合や 同時に⾊々な所にできる場合には原因が潜んでいることがあります。

その原因を取り除いておかないと、さらに⼤きな病変になる場合もあるため、しっかりと注意 をしておきましょう。

⼩帯切除など外来⼿術

⾆⾜らずといわれる発⾳になっていたり、アイスをうまくなめられないといった⾆がうまく かせない症状がある場合、⾆⼩帯短縮症といわれる状態かもしれません。

また、 前⻭の中央にあるスジが⻭と⻭の間に⼊り込んで隙間を作ってしまっていたり、その 為⻭磨きができなくなってしまっている場合、上唇⼩帯付着異常といわれる状態になっている でしょう。

そういった唇や⾆の⼩体が適切な時に対応をしておかなければ後の発⾳や発育に問題が⽣じる ため、適切な時期まで様⼦を⾒ていく必要があります。

⼿術の規模は、通常は局所⿇酔で15分程度で終わります。 上唇⼩帯が太くてもすべての⼈が⻭並びが悪くなるわけではありませんし、⼦供を押さえつけ てまで⾏う処置でもありません。

ただし、いいタイミングで切除したほうが⻭茎や⻭並びにとってはいいし、治りも早いもので す。

 

こういった⼝腔の病気を、⼿術などの外科処置で総合的に治療するのが、⼝腔外科です。 ⻭がなくなった際のインプラント治療も、⼝腔外科の分野となります。

地域の中核病院との連携もしておりますので、診断の際に必要な場合も適切な病院へご紹介さ せていただきます。 そうした、⻭や⻭茎以外でもお⼝の気になることを総合的に⾒ていくことが当医院でできるよ うになっています。