サンスマイル歯科
サンスマイル歯科電話番号
サンスマイル歯科ロゴ
TELボタン

器具の感染対策の変化について

歯医者さんでは、昔から感染予防の意識はほかの職種よりも高く、器具の滅菌や患者毎のディスポが当然のごとく使われてきました。


もちろんサン・スマイル歯科でも開業当初から滅菌には力を入れており、患者さん毎にすべての器具は滅菌を行い、歯を切削するタービンと呼ばれる機器もすべて特殊な滅菌機器を用いて感染予防に対応してきました。


ただ、最高の感染予防はディスポになるので、サン・スマイル歯科では更なる感染予防としてディスポをどんどん導入していきます。


まずは、基本セットと呼ばれるどういった場合にでも使う器具の一つにバットと呼ばれる器具を置くトレーがあります。


今までは金属のトレーを使っていましたが、こちらを滅菌ではなく紙トレーに変更しました。


もうひとつ、口腔内にも頻繁に入る3wayシリンジと呼ばれる、口の中に風を当てたり、水で流したりする道具です。



先端は金属で滅菌対象の器具でしたが、こちらもディスポのプラスティックのものに変更しました。

  

こんな感じですね。

新しいディスポのシリンジはカラフルでいいですね。


ほかにも、ミラーや短針と呼ばれる器具もディスポにしたいところですが、使い勝手やコストの面からなかなか難しいところです。


話は変わりますが、以前3Dプリンタの性能を見てきましたが、最近の進化はすばらしいものがありました。


もしかしたら、精密な3Dプリンタがあれば前日のうちに翌日の患者さんの分の基本セットや器具を作っておいてディスポで使っていく、という時代が来るかもしれませんね。



色々な医院で色々な考え方もあって滅菌をしているのでここまでする必要もないかもしれませんが、サン・スマイル歯科では今後もコロナには関係なくできる限り感染対策をもっと強化していこうと思います。